挨拶

HOME > プログラム・日程表

プログラム・日程表

 

全日程表をPDFでダウンロード 演題一覧(全プログラム)をPDFでダウンロード
 日程表 Download [PDF 21.4KB]  プログラム Download [PDF 982KB]

 

一般演題検索はこちらから行えます  
 演題検索   

  会期日ごとの日程表

 9月23日(火・祝) 会期1日目

  サテライトシンポジウム・理事会日程表 は、こちらから

  学術大会・総会日程表 は、こちらから

 

 9月24日(水) 会期2日目

  学術大会・総会日程表 は、こちらから

 

 9月25日(木) 会期3日目

  学術大会・総会日程表 は、こちらから

 

▲ページ先頭へ

 

学術大会・総会

 

1) 日 時: 平成20年9月23日(火・祝)12:30 〜 9月25日(木)

 

2) 場 所: TOC有明コンベンションホール(Westホール・Eastホール) (TOC有明4階)

 

 

 創立50周年記念講演会

 

 記念講演 I: 

 

演 者:

長田 重一 先生

 (京都大学大学院医学研究科 医学専攻

 分子生体統御学講座 分子生物学分野教授)

  演題名:

 「 アポトーシスと死細胞の貪食 」

  座 長: 一條 秀憲 (東京大学大学院薬学系研究科 教授)
  日 時: 9月24日(水曜日・会期2日目) 15:00〜16:00
  会 場:

A,B,D,E会場(TOC有明コンベンションホール W-1〜5)

 

 記念講演 II:

  演 者:

小柴 昌俊 先生

 (東京大学特別栄誉教授)
  演題名:  「 やれば、できる。 」
  座 長: 立川 哲彦 (昭和大学口腔病理学教室 教授)
  日 時: 9月25日(木曜日・会期3日目) 13:30〜14:30
  会 場: A,B,D,E会場(TOC有明コンベンションホール W-1〜5)

 

 

 日本学術会議主催シンポジウム(CS)

 「基礎歯科医学の人材育成」 

 

座 長: 米田 俊之

(大阪大学・院歯・分子病態口腔科学・口腔分子免疫制御・ 教授)

(日本学術会議会員)

  立川 哲彦

(昭和大学・歯・口腔病理・ 教授)

(第50回歯科基礎医学会学術大会 会頭)

日 時: 9月23日(火・祝) 12:35 〜14:30
会 場: B,D,E会場(TOC有明コンベンションホール W-1〜4
 
 CS-1 湊 長博 (京都大学・院医・免疫細胞生物、第20期日本学術会議連携 会員)
   ・大学院教育改革:横断的・系統的医学研究キャリアパス形成
 CS-2 谷下 一夫 (慶應義塾大学・理工・システムデザイン工学、第20期日本学術会議連携 会員)
   ・横断型工学教育のチャレンジ

 

 シンポジウム1(S1)

 「かたちに挑む−かたちの捉え方とその応用」 

 

座 長: 前田 健康 (新潟大学・院医歯・口腔解剖)
  入江 太朗

(昭和大学・歯・口腔病理)

日 時: 9月24日(水) 9:00 〜 11:00
会 場: A会場 (TOC有明コンベンションホール W-5

 

  S1-1 高安 秀樹 (ソニー コンピュータサイエンス研究所・基礎研究室・統計物理)
   

  ・「かたち」に関する数理的アプローチとその応用 

     
  S1-2

横田 秀夫 

(理化学研究所 ・VCADシステム研究プログラム・生物研究基盤

構築チーム・基幹研究所・生体シミュレーションチーム)

   

  ・生物形状の取得と数値化の試み

     
  S1-3 田中 学 (福島県立医科大学・付属病院病理)
      ・病理組織標本における形と数字のコラボレーション
     
  S1-4 入江 太朗 (昭和大学・歯・口腔病理)
      ・「かたち」と「形質」の統合-レーザーマイクロダイセクション法を用いて

 

 

 シンポジウム2(S2)

 「摂食行動の制御メカニズム」  

 

座 長: 山本 隆 (畿央大学・健康科学・健康栄養)
  井上 富雄

(昭和大学・歯・口腔生理)

日 時: 9月24日(水)9:00〜11:00
会 場: D会場 (TOC有明コンベンションホール W-2)

 

  S2-1 山本 隆 (畿央大学・健康科学・健康栄養)
   

  ・味覚の摂食行動における役割

     
  S2-2

東原 和成 (東京大学・院・新領域創成科・ 先端生命・分子認識化学)

   

  ・香りと食行動:嗅覚の分子メカニズム

     
  S2-4

片桐 秀樹 (東北大学・院医・附属創生応用医学研究センター)

      ・脂肪細胞からの求心性神経シグナルによる食欲調節機構 
     
  S2-3

伊達 紫 (宮崎大学・フロンティア科学実験総合センター・生命科学研究・生理活性物質探索)

      ・消化管ホルモンの摂食調節機構
     
  S2-5

井上 富雄 (昭和大学・歯・口腔生理)

      ・咀嚼運動調節のメカニズム

 

 *演題番号"S2-3"(伊達先生)と演題番号"S2-4"(片桐先生)の順番が入れ替わりました。

  ご注意下さい。

 

 シンポジウム3(S3)

 「石灰化の分子制御とその破綻 -メカニズムの解明から治療まで-」  

 

座 長: 片桐 岳信 (埼玉医科大学・ゲノム医学研究センター・病態生理)
  上條 竜太郎

(昭和大学・歯・口腔生化)

日 時: 9月25日(木)9:00〜11:00
会 場: A会場 (TOC有明コンベンションホール W-5)

 

  S3-1

鈴木 治 (東北大学・院歯・顎口腔創建・顎口腔機能創建)

   

  ・ヒドロキシアパタイト形成および骨形成における骨塩ミネラルの役割

  ―アパタイト前駆体OCPが示す骨形成促進作用からの考察―

     
  S3-2

禹 済泰 (中部大学・応用生物・応用生物)

   

  ・骨芽細胞の分化と石灰化を促進する天然低分子化合物

     
  S3-3

小守 壽文 (長崎大学・院医歯薬学総合・細胞生物)

      ・骨芽細胞・象牙芽細胞分化と骨・象牙質形成
     
  S3-4

西沢 良記(大阪市立大学・院医・代謝内分泌病態内科)
塩井 淳 (大阪市立大学・院医・老年血管病態)

      ・血管石灰化:血管平滑筋細胞の形質転換
     
  S3-5

片桐 岳信 (埼玉医科大学・ゲノム医学研究センター・病態生理)

      ・全身の骨化を伴う難病・進行性骨化性線維異形成症(FOP)

  −発症メカニズムの解明から治療に向けて−

 

 

 シンポジウム4(S4)

 「臨床研究と基礎研究の統合 -メカニカルストレスの基礎と臨床-」

 

座 長: 佐々木 啓一 (東北大学大学院 歯学研究科 口腔機能形態学講座 口腔システム補綴学分野)
  中村 雅典

(昭和大学 歯学部 口腔解剖学教室)

日 時: 9月25日(木)10:00〜12:00
会 場: D会場 (TOC有明コンベンションホール W-2)

 

  S4-1 佐々木 啓一 (東北大学・院歯・口腔機能形態・口腔システム補綴)
   

  ・歯科臨床とメカニカルストレス:バイオメカニカル-バイオロジカルインターフェイスを考える

     
  S4-2 井出 吉信 (東京歯科大学・歯・解剖)
   

  ・歯牙喪失後のヒト顎骨の構造変化

     
  S4-3 高野 直樹 (慶應義塾大学・理工・機械工学)
      ・メカニカルストレスの高分解能シュミレーションと定量的評価・可視化法
     
  S4-4 成瀬 恵治 (岡山大学・院医歯薬学総合・システム循環生理)
      ・メカノバイオロジーの新展開

 

 

 ワークショップ1(WS1)

 「歯周疾患による骨量減少の薬物療法」  

 

座 長: 山田 庄司 (昭和大学・歯・歯科薬理)
  大谷 啓一

(東京医科歯科大学・院医歯学総合・生体支持組織・生体硬組織再生・硬組織薬理)

日 時: 9月24日(水)11:00〜12:30
会 場: E会場 (TOC有明コンベンションホール W-1)

 

  WS1-1 青木 和広 (東京医科歯科大学・院医歯学総合・生体支持組織・生体硬組織再生・硬組織薬理)
   

  ・破骨細胞機能抑制ペプチドによる臨床応用の可能性

   

抄録集(vol.50 Supplement) の演題名が誤って掲載されておりました。

関係各位にご迷惑おかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。 (更新:9月16日)

  WS1-2 二藤 彰 (鶴見大学・歯・薬理)
   

  ・BMPアンタゴニストを介した骨形成の制御

     
  WS1-3

篠田 壽 (東北大学・院歯・歯科医薬品創生)

      ・骨形成作用をもつ新規ビスフォスフォネートに関する知見

 

 

 ワークショップ2(WS2)

 「口腔病原細菌のゲノム解析とその応用」

 

座 長: 石原 和幸 (東京歯科大学・歯・微生物)
  五十嵐 武

(昭和大学・歯・口腔微生物)

日 時: 9月25日(木)10:30〜12:00
会 場: E会場 (TOC有明コンベンションホール W-1

 

  WS2-1 中川 一路 (東京大学・医科研・感染症国際研究センター・感染制御・細菌)
   

  Streptococcus mutans のゲノム解析に基づく進化と多様化獲得機構の解析

     
  WS2-2 五十嵐 武 (昭和大学・歯・口腔微生物)
   

  Streptococcus mutansのリポタンパク質:機能解析と免疫生物活性

     
  WS2-3 中山 浩次 (長崎大学・院医歯薬学総合・ 新興感染症病態制御・感染免疫・口腔病原微生物)
      Porphyromonas gingivalis のゲノム解析とその応用:新規の病原タンパク分泌機構
     
  WS2-4 西川 清 (愛知学院大学・歯・微生物)
      Porphyromonas gingivalis 線毛の発現調節機構

 

▲ページ先頭へ

 

 

ランチョンセミナー(LS)

 

ランチョンセミナー1(LS1): アプライドバイオシステムズジャパン株式会社

日 時:

9月24日(水) 12:30 - 13:30
会 場: A会場 (TOC有明コンベンションホール W-5)
  LS1 座間 猛 (慶應義塾大学医学部 内科学血液研究室 講師)
   

  ・「microRNAによって変わるがん研究

  ―頭頸部腫瘍、婦人科腫瘍に焦点を当てて―」

 

ランチョンセミナー2(LS2): カールツァイス マイクロイメージング株式会社

日 時:

9月24日(水) 12:30 - 13:30

会 場:

D会場 (TOC有明コンベンションホール W-2)

  LS2-1 川口 順三 (カールツァイス マイクロイメージング株式会社)
   

  ・バーチャルスライドとレーザーマイクロダイセクションの原理と応用

  LS2-2 山本 剛 (昭和大学歯学部口腔病理学)
   

レーザーマイクロダイセクション法を用いた組織切片からの様々な解析手法

 


ランチョンセミナー3(LS3): エーエムアール株式会社

日 時:

9月25日(木) 12:00 - 13:00

会 場:

A会場 (TOC有明コンベンションホール W-5)

  LS3-1 山田 誠子 (ライカマイクロシステムズ株式会社 リサーチ・クリニカル事業部)
   

  ・「バイオマーカー探索の新たなアプローチ
  −レーザーマイクロダイセクションを活用した、ホルマリン固定パラフィン包埋標本からのプロテオーム解析−」

  LS3-2 西村 俊秀 (東京医科大学 外科学第一講座 客員教授)
   

  ・「ホルマリン固定組織切片を用いたバイオマーカー探索:
  組織から血漿へ、MS-Based バリデーションアッセイ の新戦略」 (更新:8月22日)

 

 

ランチョンセミナー4(LS4): アジレントテクノロジー株式会社

日 時:

9月25日(木) 12:00 -13:00

会 場:

E会場 (TOC有明コンベンションホール W-1)

  LS4 澤田 裕子  (アジレント・テクノロジー株式会社 市場開発部 バイオアプリケーショングループ
アプリケーションサイエンティスト)
   

  ・「オミクス研究を加速する次世代マイクロアレイ」
  低発現遺伝子にフォーカスできる新しいアレイプラットホーム

 

 *会場の決定に伴い、ランチョンセミナー3と4を入れ替えました。

 

 

▲ページ先頭へ

コンテンツ HOME
  • ご挨拶
  • プログラム・日程表
  • お知らせとお願い
  • 演題募集
  • 参加登録
  • 会場案内
  • 50周年記念行事
  • 宿泊案内新着情報